メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

労働法務アドバイザー協会の理念

労働法ライブ講座

1日講座「岡崎教行式就業規則攻略講座」労働法講座「社労士として就業規則の策定で失敗しないために」
当協会による2019年開催の講座の模様

協会パートナー講師:弁護士 岡崎先生より皆さんへメッセージ

受講特典(1)岡崎先生の新刊(2019.9.6発売:2,700円)

弁護士 岡崎教行 著書□改訂版 使用者側弁護士からみた 標準
 中小企業のモデル就業規則策定マニュアル

 日本法令 380頁(2,700円)プレゼント
中小企業の就業規則には、「分不相応の規定」がしばしば見受けられますが、このような運用の実態にそぐわない規定があると、無用なトラブルを引き起こす可能性があります。

本書は、逐条解説形式でそうした留意点を指摘しながら、自社の体力に見合った就業規則とするための策定例を、わかりやすく、簡潔に例示。

改訂版では、働き方改革関連法により新たに規定すべきこととなった 「年休の確実な取得」「勤務間インターバル制度の導入」「労働時間状況の把握」に関する規定のほか、改正労働契約法、改正パート労働法に対応した無期転換等に関する規定等を盛り込んで内容を刷新。

序章 就業規則の基本事項
第1章 就業規則本則
第2章 賃金規程
第3章 退職金規程
第4章 育児・介護休業規程
第5章 契約社員就業規則
第6章 パートタイマー就業規則


1日集中講座「岡崎式就業規則攻略講座」

第1部 社労士による中小企業の就業規則作成・見直しについて
  〜規定しないといけない事項、規定してはいけない事項とその根拠〜

   講師:協会顧問 弁護士 岡崎教行先生

 第1 岡崎が斬る!「就業規則の策定の必要性」
  1 就業規則の目的とは
  2 平時に見直しをする必要性

 第2 岡崎が斬る!「就業規則を策定にあたっての基本的な考え方」
  1 定義をしっかりと
  2 言葉遣いを意識する
  3 形式も重んじよう
  4 余計なことは書くのをやめよう
 
 第3 岡崎が斬る!「各論解説」
  1 目的
  2 適用範囲・定義
  3 試用期間
  4 配置転換・出向
  5 解雇事由
  6 ハラスメント
  7 懲戒
  8 賃金、退職金に関して
  
 第4 岡崎が斬る「まとめ」
  1 本日のまとめ


●開業3年以上の先生にご案内●
岡崎先生の講座の後に、下記の労働法務ビジネス講座があります。

17:00〜「労働法務をビジネスにする方法セミナー&説明会」
     講師:労働法務アドバイザー協会 共同代表 萩原京二

 第1 労働法務をビジネスにする方法
  1 労働法務顧問とは〜3ステージある社労士の相談業務〜
  2 相談業務の種類とその性質とその難易度

 第2 労働リスクマネジメント(指導・予防・補佐・3号業務)
  1 労働法務の種類とその性質
  2 労働法務顧問を獲得する方法

 第3 労働法務実務研究会‐(第2次募集)のご案内
  1 研究会‐の活動について
  2 塾生限定コンテンツ公開・非公開体験談
  3 是正勧告対策協議会 全国展開プロジェクト大公開ほか
   「是正勧告アドバイザー養成講座」のご案内
 →「労働法務をビジネスにする方法セミナー」の詳細はこちら
 1日講座を受講するとセミナー&説明会は無料で受講できます。

予定時間は進行状況により前後致します。
また最新情報等については随時変わっていくことが予想されるためため、当日の講座内容について変更される場合があります。予めご了承下さい。



日 時

□ 2019年09月14日(土)10:00〜16:45(受付09:30〜)

□ 同日17:00〜18:30にて下記講座があります。
「労働法務をビジネスにする方法セミナー」の詳細はこちら
1日講座を受講すると上記セミナー&説明会は無料で受講できます。



会 場

TKP神田ビジネスセンターC701
 〒101‐0053
 東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル7F
 神田駅より徒歩5分 淡路町駅より徒歩5分
 小川町駅より徒歩3分 新御茶ノ水駅より徒歩3分



定 員

□ 24名限定(満員御礼)



受講料

□ 一 般ライブ受講:1名 15,000円(税別)

□ 塾 生ライブ受講:1名 5,000円(税別)
塾生は、10月講座とセットの料金です。

□ 塾生限定オンライン動画受講:10,000円(税別)
塾生は、10月講座とセットの料金です。

受講特典(1)岡崎先生の新刊(2019.9.6発売:2,700円)

弁護士 岡崎教行 著書□改訂版 使用者側弁護士からみた 標準
 中小企業のモデル就業規則策定マニュアル

 日本法令 380頁(2,700円)プレゼント
中小企業の就業規則には、「分不相応の規定」がしばしば見受けられますが、このような運用の実態にそぐわない規定があると、無用なトラブルを引き起こす可能性があります。

本書は、逐条解説形式でそうした留意点を指摘しながら、自社の体力に見合った就業規則とするための策定例を、わかりやすく、簡潔に例示。

改訂版では、働き方改革関連法により新たに規定すべきこととなった 「年休の確実な取得」「勤務間インターバル制度の導入」「労働時間状況の把握」に関する規定のほか、改正労働契約法、改正パート労働法に対応した無期転換等に関する規定等を盛り込んで内容を刷新。

序章 就業規則の基本事項
第1章 就業規則本則
第2章 賃金規程
第3章 退職金規程
第4章 育児・介護休業規程
第5章 契約社員就業規則
第6章 パートタイマー就業規則


特別講師:協会顧問 労働法務弁護士 岡崎教行先生

弁護士 岡崎 教行弁護士 岡崎 教行
寺前総合法律事務所(パートナー弁護士)
Facebook
https://www.facebook.com/noriyuki.okazaki
ブログ
「労働法務弁護士がむしゃらに生きる365日」
http://okazakinoriyuki.com/
労働新聞社サイト
「使用者側の労働弁護士として」

<略歴>
1977年 4月26日生まれ(おうし座のB型)
1990年 新宿区立淀橋第三小学校卒業
1993年 法政大学附属第一中学校卒業
1996年 法政大学附属第一高等学校卒業
2000年 法政大学法学部卒業
2001年 旧司法試験合格
2002年 法政大学大学院卒業
2003年 弁護士登録(第一東京弁護士会)
2015年 中小企業診断士試験合格
2017年 中小企業診断士登録(東京都中小企業診断協会城西支部)
2018年 寺前総合法律事務所パートナー
経営法曹会議会員

<著書>
弁護士 岡崎教行 著書弁護士 岡崎教行 著書「社労士のための わかりやすい補佐人制度の解説」(労働新聞社)、「使用者側弁護士からみた 標準 中小企業のモデル就業規則策定マニュアル」(日本法令、共同執筆)、「現代労務管理要覧」(新日本法規出版、分担執筆)「Q&A人事労務規程変更マニュアル」(新日本法規出版、分担執筆)、ビジネスガイド2014年4月臨時増刊号「最新重要判例から読み解く労務トラブル解決の実務」「日本航空事件」(日本法令)、ビジネス法務2014年7月号「間接差別の広範化」(中央経済社)、ビジネス法務2015年2月号「限定正社員への移行手続」(中央経済社)、ビジネスガイド2015年2月号「最新判例を踏まえたマタハラトラブルリスクとその予防策」(日本法令)、ビジネスガイド2015年5月号「最新解釈通達を踏まえた企業の産休・育休取得者への対応上の留意点と実務」(日本法令)、ビジネスガイド2015年6月号「妊娠・出産・育児休業等を契機とする不利益取扱いに係るQ&A徹底解説」(日本法令)、ビジネス法務2015年9月号「ストレスチェック制度の導入と運営 実施から就業上の措置までの流れ」(中央経済社)、ビジネス法務2016年2月号「柔軟な働き方を実現する制度」(中央経済社)



コーディネーター:協会共同代表 社会保険労務士 萩原京二

協会代表 萩原京二萩原社会保険労務士事務所/株式会社全就連
代表取締役 萩原 京二(社会保険労務士)
〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-15 プロックスビル8F
TEL:03-3812-3621 FAX:03-6240-0837
社労士開業登録:平成10年12月
HP http://www.zenshuren.com/

座右の銘
変化はコントロールすることができない。
できるのは、変化の先頭に立つことだけである!
  (P.F.ドラッカー)

1963年8月16日、東京都新宿区神楽坂生まれ。 早稲田大学法学部卒。東洋大学大学院博士前期課程修了 (株)東芝、ソニー生命保険(株)勤務を経て、 1998年社会保険労務士として独立。

常に時代の先を読む予測力と、独創的なアイデアを具体的なカタチに落とし込む論理的な思考力で、業界初のビジネスモデルを構築することを得意とする。

日本初の退職金コンサルタントとして、2004年から2008年の5年間で全国300社超の中小企業の制度改定を支援する。そのノウハウを体系化して、社会保険労務士の全国ネットワーク「退職金制度の改革実行研究会」を主宰。その活動はマスコミからも注目され、フジテレビ『とくダネ』、日本テレビ『ザ・ワイド』にコメンテーターとして出演する。新聞・雑誌などのマスコミからの取材実績も多数。

その後、プロ研修講師として社会人教育の分野で活動。思考法や速読法などの情報処理技術を伝えるインストラクターとして年間50回以上のセミナーを開催。延べ2000人以上のビジネスパーソンの指導をする。ビジュアル思考技術をテーマに執筆した『マインドマップ資格試験勉強法』(ディスカヴァー)は5万部を超えるベストセラーになる。


コーディネーター:協会共同代表 社会保険労務士 松崎直己

協会代表 松崎直己労働法務アドバイザー協会 共同代表
助成金受給環境整備アドバイザー協会 共同代表
株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ代表取締役
日本労働法務経営研究所 代表
Facebook
https://www.facebook.com/naoki.matsuzaki.737

<経 歴>
社労士開業登録:平成12年11月
2000年に29歳で開業して以来、中小零細企業から大手企業まで幅広く顧問業務・コンサルティング業務を経験。

「財務貢献人事」と 「いい会社づくり経営」を中小企業支援コンセプトとして、人事コンサルティングの実務経験と社会保険労務士の法律的知識を活かし役員報酬最適化コンサルティングと財務人事コンサルティングを全国で展開。

講師としても人事・人材育成分野から経営マネジメント分野まで幅広く対応し「人材・組織・経営・業績向上」などのコンテンツを得意としている。こちらも上場企業・私立大学・法人会、金融機関、東京都の公的機関など様々な業種・業態・規模に対応した講師をつとめ好評を得ている。

執筆活動も精力的にこなし「1000万円得する年金の本」(共著)、「はじめての総務の仕事」(共著・監修)、 「明日からの生活対応マニュアル」すばる舎(監修)を出版している。日本経済新聞、日経産業新聞、産経新聞、フジサンケイビジネスアイ、日経ビジネス、日経ベンチャー、経営者会報、人事マネジメント、技術評論社などメディアからの取材も多く、いま注目の現場実践型のコンサルタントである。


お問い合せ

労働法務アドバイザー協会運営
株式会社 ヒューマンバリューアソシエイツ
TEL:03-3367-7638(緊急時) 受付時間 : 平日10:00〜17:00
会社名・役職名・お名前・電話番号を留守番電話に入れて下さい。
折り返し担当よりご連絡いたします。
下記お問い合せページよりお願い致します。  
お問い合せはこちら



留意事項

(講座の録音・録画について)
講座の録音・撮影・講義中の携帯電話やパソコンなどの端末のご使用などはご遠慮下さい。主催者側にて録画・録音をする場合がございます。

(講座の内容・開催について)

タイトル・内容・日時・会場などは、やむを得ない事情により予告なく変更させていただく場合がございます。主催者・講師などの諸事情により開催を中止させていただく場合がございます。

(キャンセルについて)
キャンセルの場合は、開催日の前日より数えて10営業日前(土日、祝日除く)の午後4時までに上記、主催者セミナー事務局(お問い合せフォーム)までご連絡下さい。返金に伴う振込手数料を差し引いた金額のご返金とさせていただきます。
開催日の前日より数えて10営業日以後のキャンセルについては、受講料のご返金いたしませんので代理出席でご対応をお願い致します。



お申し込みフォーム

下記フォームに必要事項をご入力ください。
「送信内容確認」ボタンをクリックすると送信確認画面を表示します。
※は必須項目です。

項目
労働法務アドバイザー協会特別講座
1日集中講座セット 2019年09月14日(土) 
「岡崎式就業規則攻略講座」及び
「労働法務をビジネスにする方法セミナー」

上記2講座セットでも同じ受講料です
一般:1名 15,000円(税別)+ 5,000円
労働法務アドバイザー協会特別講座
1日集中講座のみ 2019年09月14日(土) 
「岡崎式就業規則攻略講座」のみ受講

一般:1名 15,000円(税別)
労働法務アドバイザー協会特別講座
1日集中講座 2019年09月14日(土) 
「岡崎式就業規則攻略講座」

塾生限定:1名 5,000円(税別)
 ※
塾生は、10月講座とセットの料金です。
労働法務アドバイザー協会特別講座
1日集中講座 塾生限定オンライン講座 
「岡崎式就業規則攻略講座」※オンライン

塾生限定:10,000円(税別)オンライン受講
 ※
塾生は、10月講座とセットの料金です。
支払方法 銀行振込(事前振込)
事務所名
役 職
お名前
資格
開業歴
郵便番号
都道府県
住 所
市区町村・番地までお願いいたします。
電話番号 (半角数字)
FAX番号 (半角数字)
メールアドレス (半角数字)
メールアドレス
(確認用)
(半角数字)
申込み
きっかけ
労働法務アドバイザー協会メルマガ
Facebook(フェイスブック)
岡崎先生関連のSNS(ブログ等)
萩原社労士メルマガ
松崎社労士メルマガ
検索エンジン「ヤフー」
検索エンジン「グーグル」
その他
備考欄 振込名義を「カタカナ」でご記入下さい。



「送信内容確認」ボタンをクリックすると送信確認画面が表示されます。
ページトップ
ページの終了